仮想通貨取引所毎の取引量について

仮想通貨取引所毎の取引量について


仮想通貨取引所毎の取引量について


仮想通貨取引所毎の取引量を見ていくと、

どこの取引所が信用を獲得しているのかという事が分かります。

2017年の7月においては、コインチェックが82万BTC、

ビットフライヤーが45万BTC、

ZAIFが13万BTCとなっていて、

コインチェックが圧倒的な取引量を誇っているということが分かります。

ただ、このコインチェックは仮想通貨ネムの流出事件があったので、

取引量が今はかなり変わっている可能性はあります。

ただ、コインチェックはネムの返金を発表しましたから、

これによって仮想通貨の信用はかなり回復されたと言っても良いかもしれません。

また、此処はマネックスグループの傘下に入るという事も発表していて、

話題に事欠かないという事にもなっています。


仮想通貨はニュースによって価格変動に影響する!


仮想通貨はニュースによって価格変動に影響する!

仮想通貨はこうしたさまざまなニュースでいとも簡単に価格が上下するので、

これが難しいところではありますが、

各取引所の信用というモノも大切な物であるという事が、

今回のネムの流出事件でも明確になったという事は言えるでしょう。

仮想通貨は取引が始まってまだ間がないので、

それだけ信頼が出来る取引にはなっていないという事が明らかになったという事が言えます。

何しろ出来てまだそれほどの期間が経ってもいないのに

世界中で取引されるようになっているというこのことだけでも凄い事だという事が言えます。

それが取引所のパソコンに運用を任されているわけですから、

これはある意味では取引所にリスク管理を

ゆだねているようなものだという事が今回の流出事件でハッキリとしたわけです。


仮想通貨取引所コインチェックのリスク管理不足



仮想通貨取引所コインチェックのリスク管理不足

証券会社の様なところであれば、

常時ネット接続をして管理をするような

リスクの高い管理方法はしないのが常識という事ですが、

今回のコインチェックでは常時接続をネットにしていて、

いつでも侵入可能な状況にあったという事が判明しています。

さまざまな防犯体制はとっていたのですが、

何しろ人が考えている防犯手段ですから、

それを破る事も出来るのは当然という事になります。

ネットに常時繋いでいれば、

当然それだけリスクは高くなるわけですから、

これからの取引所はこうした管理の仕方を問われることになる事件だったという事がいえるでしょう。

出来て間もない取引所ですから、

こうしたことが起きるのはある意味では当然だったのかもしれません。

こうした事件を機にこれからどうして管理を徹底していくのか

という事が問われることになるのかもしれません。

仮想通貨はこうしたリスクも含んでいるということです。


仮想通貨を長期投資&分散投資で大きく!長期保有にオススメ取引所銘柄! トップページへ

仮想通貨長期投資の基礎知識
仮想通貨の購入タイミング。バブルが崩壊した時に大量に買う勇気を!
サラリーマンが副業で稼ぐには仮想通貨が最強。株とは異次元の伸びを
予想の逆を行く仮想通貨チャート「噂で買って事実で売る」を実践しよう
仮想通貨の投資はあくまで余裕資金で。別の安定収入を確立しておこう。
仮想通貨は長期投資がオススメ
長期投資で将来最も伸びる有望コインは?ビットコインやビットコインキャッシュ?
ビットコインの価格推移の歴史を知って、長期投資に活かそう!
仮想通貨の長期投資で稼ぐには?その方法やコツを紹介。
仮想通貨の短期トレードで稼ぐには?その方法やコツを紹介
サラリーマンが仮想通貨投資の短期トレードを断念する理由
ビットコインとアルトコインの交換でも税金発生!節税するなら長期投資で
長期投資に向いている仮想通貨取引所や銘柄について
仮想通貨の取引所は数社登録してリスク分散を
ビットコインを保有するメリット。値上がりや分裂、安定感等
イーサリアムを保有するメリット。値上がりや分裂、安定感等
リップルを保有するメリット。大手金融機関、中央銀行が関与
ビットコインキャッシュを保有するメリット。ブロックサイズ改善
ライトコインを保有するメリット。ブロック生成時間が短い等
仮想通貨の一般知識。今更聞けないことはコチラでチェック!
仮想通貨取引所毎の取引量について
仮想通貨のデメリットやリスクを勉強しておこう
仮想通貨は買い物や支払いも可能
仮想通貨と株の違いは?
仮想通貨の送金について。海外送金でメリットあり!
ブロックチェーンて何?ブロックチェーンとは仮想通貨の基盤技術。
仮想通貨のマイニングとは?マイニングで稼ぐことも可能!
仮想通貨と法定通貨の違いは?
仮想通貨と電子マネーの違い
FX業者