仮想通貨のデメリットやリスクを勉強しておこう

仮想通貨のデメリットやリスクを勉強しておこう


仮想通貨のデメリットやリスクを勉強しておこう

何かと報道される機会の多い仮想通貨ですが、

現在世界中には流通量の少ないものも含めれば、

1000種類を超える滑走通貨が流通しているとも言われています。

他方で数千円相当額の仮想通貨を購入して数年たったら

家一軒かえるほどに暴騰していたと言う事例も耳にします。



仮想通貨のメリットとデメリットを把握しておきましょう


仮想通貨のメリットとデメリットを把握しておきましょう

メリットには国際送金が必要な場面で、

圧倒的に安い手数料で決済することが出来る点を指摘できます。

国家の枠を超えて使用できるので、

国家財政が破綻したギリシャでは

仮想通貨が自国通貨ドラクマに代わり広く使用された事例は記憶に新しいところです。

もちろん価額が急激に上昇して、

莫大な富を得るチャンスに恵まれる可能性もあるのもメリットと評価出来るでしょう。

しかし最近ではデメリットにも注目が集まっています、

どのような点に留意すべきなのでしょうか。

なんと言っても国家の枠を超えて流通すると言うことは

国家の保証が存在しないことを意味しています。

仮想通貨は金のように現物の裏付けがあるわけでもなく、

株などの有価証券のように経済的裏付けもありません。

極端なことを言えば「かたたたき券」と同程度の信用

しか有していないと評価することも出来るほどです。

例えば銀行が破綻した場合でも預金保険機構で

ある程度までは金銭的補償を受けることが出来ます。

これに対して仮想通貨では価値が暴落して、

莫大な金額の評価損を抱えてしまっても何の保証も無く、

究極の自己責任の取りかたを余儀なくされるわけです。


悪意ある第三者の不正アクセス


また悪意ある第三者の不正アクセスによって、

盗まれてしまうリスクもあります。

これは大手取引所で現実に発生した事件でもありますが、

オフラインでインターネット環境から途絶した環境でデータ管理などを行っていないと、

セキュリティーホールが存在する限り

常に盗まれるリスクに直面していると考えて間違いありません。

このような取引所のハッキングや取引所自体が経営破たんした場合の

救護策も整備されていないのです。


また仮想通貨は取引所に預けるだけでなく、

自分のPCやスマートフォンに移管することも可能です。

これはウォレットと呼ばれるプログラムを駆使して、

決済などに使用するわけです。

しかしインターネット環境に接続しているかぎり、

常に不正プログラムによるハッキングで

盗まれる危険に直面するのは取引所と同等です。

仮想通貨は将来の国際的な銀行決済などの可能性も検討されるほどですが、

実際にはデメリットも存在することは常に念頭に置いて利用することを心がけましょう。


仮想通貨を長期投資&分散投資で大きく!長期保有にオススメ取引所銘柄! トップページへ

仮想通貨長期投資の基礎知識
仮想通貨の購入タイミング。バブルが崩壊した時に大量に買う勇気を!
サラリーマンが副業で稼ぐには仮想通貨が最強。株とは異次元の伸びを
予想の逆を行く仮想通貨チャート「噂で買って事実で売る」を実践しよう
仮想通貨の投資はあくまで余裕資金で。別の安定収入を確立しておこう。
仮想通貨は長期投資がオススメ
長期投資で将来最も伸びる有望コインは?ビットコインやビットコインキャッシュ?
ビットコインの価格推移の歴史を知って、長期投資に活かそう!
仮想通貨の長期投資で稼ぐには?その方法やコツを紹介。
仮想通貨の短期トレードで稼ぐには?その方法やコツを紹介
サラリーマンが仮想通貨投資の短期トレードを断念する理由
ビットコインとアルトコインの交換でも税金発生!節税するなら長期投資で
長期投資に向いている仮想通貨取引所や銘柄について
仮想通貨の取引所は数社登録してリスク分散を
ビットコインを保有するメリット。値上がりや分裂、安定感等
イーサリアムを保有するメリット。値上がりや分裂、安定感等
リップルを保有するメリット。大手金融機関、中央銀行が関与
ビットコインキャッシュを保有するメリット。ブロックサイズ改善
ライトコインを保有するメリット。ブロック生成時間が短い等
仮想通貨の一般知識。今更聞けないことはコチラでチェック!
仮想通貨取引所毎の取引量について
仮想通貨のデメリットやリスクを勉強しておこう
仮想通貨は買い物や支払いも可能
仮想通貨と株の違いは?
仮想通貨の送金について。海外送金でメリットあり!
ブロックチェーンて何?ブロックチェーンとは仮想通貨の基盤技術。
仮想通貨のマイニングとは?マイニングで稼ぐことも可能!
仮想通貨と法定通貨の違いは?
仮想通貨と電子マネーの違い
FX業者