仮想通貨と法定通貨の違いは?

仮想通貨と法定通貨の違いは?


仮想通貨と法定通貨の違いは?


近年話題に上ることが多いのは仮想通貨です。

インターネットを通しての通貨であるためハッキングされやすく、

マネーロンダリングも危惧されています。

また、法定通貨は国が管理していますが、

仮想通貨は明確な管理者がいないため

購入の責任は自分にあるというリスクが生じることがあります。

しかし、法定通貨においても日本の円やアメリカのドルは信用があるものの、

発展途上国の通貨は信用が低いこともあり、

通貨が偽造される心配もあります。

仮想通貨と法定通貨の違いは、

大まかに言って紙幣や硬貨があるかないかです。

仮想通貨の実体とは?


仮想通貨の実体とは?


仮想通貨は通貨といっても実際は暗号化されているものであり、

発行の上限量が決まっています。

そのため需要と供給、

といったバランスによって価値が上がったり下がったりしており、

通貨としてよりも投機目的で売買されることが多いのです。

仮想通貨には、ビットコインやイーサリウム、

大きな騒ぎになったネム、リスクなど様々な種類があります。

仮想通貨を購入する方法


仮想通貨を購入する方法


仮想通貨の取り扱っている取引所に口座を開設する必要があります。

口座を開設すると売買だけでなく、

送金も可能となります。

仮想通貨は海外では暗号通貨と言われているように、

暗号によって管理されているので国、という概念がなく、

送金にいたっては銀行と違って祝日や日曜日であっても行うことができ、

安く瞬時に送ることができます。

そういった部分では大きなメリットと言えるでしょう。



仮想通貨の分散型取引所と中央集権型取引所の特徴は?


仮想通貨の分散型取引所と中央集権型取引所の特徴は?

取引所の多くは中央集権型で、柔軟に取引できるのがメリットです。

ですが、逆に言うと中央管理者に仮想通貨の秘密鍵を委託している状態であるので、

管理者に資産を引き出されてしまうリスクもありますし、

ハッキングに合う可能性もあります。

分散型取引所というのは、

中央集権型取引所のように中央管理者がいなくても取引ができる取引所のことです。

それぞれが秘密鍵を管理しているのでハッキングの心配は低くなりますが、

仮想通貨を売買する際には手数料が多くかかることがあります。

仮想通貨はまだ理解されていない部分があり、

信用がまだ得られていない通貨でもあります。

ハッキングされるかもしれない、ということや、

投機として考えてしまうとリスクの部分のみがクローズアップされてしまいますが、

送金の速さ、瞬時に決済ができる、

偽造される心配がないというメリットも存在しています。

法定通貨とうまく組み合わせることで、

目的別に使用することができます。

仮想通貨を長期投資&分散投資で大きく!長期保有にオススメ取引所銘柄! トップページへ

仮想通貨長期投資の基礎知識
仮想通貨の購入タイミング。バブルが崩壊した時に大量に買う勇気を!
サラリーマンが副業で稼ぐには仮想通貨が最強。株とは異次元の伸びを
予想の逆を行く仮想通貨チャート「噂で買って事実で売る」を実践しよう
仮想通貨の投資はあくまで余裕資金で。別の安定収入を確立しておこう。
仮想通貨は長期投資がオススメ
長期投資で将来最も伸びる有望コインは?ビットコインやビットコインキャッシュ?
ビットコインの価格推移の歴史を知って、長期投資に活かそう!
仮想通貨の長期投資で稼ぐには?その方法やコツを紹介。
仮想通貨の短期トレードで稼ぐには?その方法やコツを紹介
サラリーマンが仮想通貨投資の短期トレードを断念する理由
ビットコインとアルトコインの交換でも税金発生!節税するなら長期投資で
長期投資に向いている仮想通貨取引所や銘柄について
仮想通貨の取引所は数社登録してリスク分散を
ビットコインを保有するメリット。値上がりや分裂、安定感等
イーサリアムを保有するメリット。値上がりや分裂、安定感等
リップルを保有するメリット。大手金融機関、中央銀行が関与
ビットコインキャッシュを保有するメリット。ブロックサイズ改善
ライトコインを保有するメリット。ブロック生成時間が短い等
仮想通貨の一般知識。今更聞けないことはコチラでチェック!
仮想通貨取引所毎の取引量について
仮想通貨のデメリットやリスクを勉強しておこう
仮想通貨は買い物や支払いも可能
仮想通貨と株の違いは?
仮想通貨の送金について。海外送金でメリットあり!
ブロックチェーンて何?ブロックチェーンとは仮想通貨の基盤技術。
仮想通貨のマイニングとは?マイニングで稼ぐことも可能!
仮想通貨と法定通貨の違いは?
仮想通貨と電子マネーの違い
FX業者